表参道の美容室(美容院)ならgokan omotesando

表参道の美容室・美容院 gokan omotesando> 美容コラム   > カラーリング > カラーリングの頻度はどのくらい?

COLUM

美容について皆様が知りたい情報や、なんとなく知ってはいたけど詳しく知らない情報を日々配信しております。

 
gokan 表参道店内写真 gokan omotesando

TEL 0120-280-763

OPEN: 11:00 - 21:00 (月~木)
12:00 - 22:00 (金)
11:00 - 20:00 (土)
11:00 - 19:00 (日・祝)
定休日: 第1火曜・第3月曜
東京都渋谷区神宮前4-7-3HMビル1F・B1F
東京メトロ表参道駅『A2』出口から徒歩7分
JR原宿駅より徒歩15分

カラーリングの頻度はどのくらい?

あなたは、どれくらいの頻度でカラーリングを行っていますか。インターネット調査の結果によると、直近1年以内にカラーリングした人は4割以上いるようで、カラーリングの頻度は2~3ヶ月に1回という回答が38.4%で最も多かったようです。また、カラーリングしている女性262人にカラーリングの頻度を聞いた調査では、3ヶ月に1回以上と答えた方が約8割を占めました。カラーリングは、美容院でやる場合も自宅でやる場合も少なからず髪と頭皮にダメージを与えます。髪や頭皮へのダメージを蓄積させないよう、カラーリングする場合には適当な間隔を空けることをお勧めします。

 

 

 

カラーリングで薄毛になるって本当?


カラーリングをすると薄毛になる、という噂は本当なのでしょうか。そもそもカラーリング剤とは、髪の毛のキューティクルを剥がし、メラニン色素を分解して染料を浸透させるもののことです。そのため髪の毛にダメージを与えることにはなりますが、それで薄毛になることはありません。もしもカラーリング剤で薄毛になるとしたら、頭皮に染料が残ってダメージを与えている場合です。繰り返せば頭皮の状態は悪化し薄毛に繋がります。美容室でカラーリングする際は、頭皮に染料がつかないよう注意し、またカラーリング後のヘアケアをしっかりしますが、自宅で染める際は染料が頭皮につきやすくなります。

カラーリングの色を維持するには?

カラーリングの色を維持するには?


カラーリングが髪や頭皮にダメージを与えることはお分かりいただけたでしょうか。カラーリングの間隔をできるだけ空けるためにも、色持ちを良くしたいですよね。では、カラーリングの色を維持するにはどのようにしたら良いのでしょうか。

カラーが明るければ明るいほど、根元の色の違いがすぐに目立ちます。一方、根元から毛先に向けて徐々に明るくするグラデーションであれば、根元の伸びが目立ちにくくなります。ですから、根元から毛先に向かって明るくするグラデーションにするなど工夫すると良いでしょう。

理想的なカラーリングの頻度は?

理想的なカラーリングの頻度は?


頭皮の健康を考えると、なるべく二ヶ月くらいは間隔を置くのが理想的です。もし二ヶ月待つのが難しい場合は、一ヶ月は待ってあげましょう。「プリン」という呼び方もされますが、髪が伸びることで根元の色が目立つようになると、周囲の目も気になってカラーリングしたくなる方も多いでしょう。どうしても根元が気になる方は、伸びてきた根元部分だけを染めるようにしたり、違いが目立たない落ち着いたヘアカラーにしたりと、様々な対応方法があります。