嵐にも不仲説の出ているメンバーもいますが、その反対で仲良しで有名なメンバーもいます。それが二宮と相葉ペアです。ファンの間でも二人の仲の良さはよく知られている程有名です。

 

○ジュニア時代から

 嵐の中でも相葉と二宮は非常に仲が良く、「にのあい」とも呼ばれている程ファンの間でも二人の仲の良さは知られています。テレビ番組やコンサートにおいては天然キャラの相葉を二宮がフォローするシーンもあり、二人のやりとりはファンが見ていても微笑ましいです。

 

 二宮はジュニア時代から相葉との友情を育んできて、この頃から二人の絆は深まっていったと考えられるでしょう。ラジオ番組「BAY STORM」では、二宮は相葉に対して「年々いい人になっている」と褒め称えています。

 

○相葉の神対応がスゴイ

 相葉と二宮は、それぞれ1996年にジャニーズ事務所に入り、ジュニア時代は総武線で帰っていたという事もあり、二人は総武線コンビとしてもよく知られています。この日の二宮のラジオには、リスナーから最近相葉君の雑誌インタビューやラジオの発言で、神対応すぎると嵐ファンの間で騒がれているという声が届きました。

 

年々いい人になっているからこそ、相葉には仕事が舞い込んでくるのだと考えられます。

 

○相葉雅樹、優しい人柄で仕事が舞い込んでくる?

 昨年末は嵐の相葉雅樹にピンポイントで紅白司会者という大仕事が舞い込んできましたが、これも相葉の仁徳があって大仕事が舞い込んできたのでしょう。さらに相葉は色々なところで徳を積んできた人のため、ミスを犯してもみんなが「かわいい」と言ってもらえます。人柄の良さがにじみ出ている相葉雅樹。

 

 今年は嵐の中で一番忙しいといっても過言ではない程、相葉は大きな仕事が舞い込んできています。年々優しさと徳が増している相葉雅樹なので、今後もさらに仕事での活躍が期待できるでしょう。また、二宮との絆もこのままキープしていってほしいですね!

 嵐が531日に発売したライブDVDARASHI LIVE TOUR 20162017 Are You Happy?」が、65万枚を売り上げた事がわかりました。

 

○オリコン1位を記録!

ARASHI LIVE TOUR 20162017 Are You Happy?」は、612日付オリコン週間ランキングで1位を獲得しています。20145月に発売したDVDと比べて8.7万枚を上回り、歴代1位の初週売上となりました。今ツアーのパッケージはかなり手がこんでおり、初回限定盤には、「Japonism」ツアーの映像もついています。実質2作品を購入したかのようにお得な気分が味わえます。

 

 通常盤も、「Are You Happy?」ツアー冒頭の演出で使われたドキュメンタリーの映像の全貌が付属されています。メンバーがツアーを作り上げるプロセスを映し出した貴重な映像はファンの満足度も非常に高く、今回の記録更新は十分納得できるでしょう。

 

○観た人全員が元気になれる映像、ソロ曲にもこだわった

Are You Happy?」のツアーは、ツアーに参加した人や観た人が幸せになれるような演出が盛り込まれています。嵐のステージも盛りだくさんに映し出されているので、ファンも満足できる事は確実でしょう。

ツアーではソロ曲にもこだわった演出がされていますが、今回は新たな挑戦として、アルバム「Are You Happy?」で「Happy」をテーマにそれぞれプロデュースを手掛けた5曲の演出も、各メンバーが担当しています。

 

 この取り組みがあった事で、メンバーが嵐について持っているイメージやそれぞれ得意とする表現、個性が浮き彫りになっているのです。

 

○一発目は櫻井翔の「Sunshine

 ソロ曲1曲目を飾ったのが櫻井のソロ「Sunshine」で、日常のかけがえのない瞬間をうたったポジティブな曲に仕上がっています。一軒家のようなステージセットをバックに、胸元にエンブレムのついたストライプのセットアップというスクールスタイルで登場した櫻井が新鮮です。ジュニアを引き連れ、キレのあるブレイクダンスやラップを満面の笑みで披露しました。

 

 形式的なカッコよさではなく、爽やかで親しみやすいかっこよさが好感を呼んでいます。

 

 嵐の相葉雅紀が主演を務めるフジテレビの月9ドラマ「貴族探偵」の最終話に、ジャニーズジュニアの実力派4人組グループ・ふぉ~ゆ~のメンバーである辰巳雄大が出演する事になりました。

 

○若者の間で大人気!辰巳の魅力って?

 辰巳は今回初めて月9ドラマに参加します。そして嵐の相葉とも初共演となりました。そんな彼はキンキキッズや嵐などのバックダンサーとコンサートで培ったダンス力と、自分が会いに行けるジャニーズという飾らない親しみやすさがあり、若者の間でも人気になっています。そして理想の人物にも相葉の名前を挙げています。

 

○スーパーアイドルの相葉に憧れている?

 相葉は「8時だJ」に出ていた頃、番組内でスーパーアイドルと呼ばれていたことからも、「大人になったら相葉君に続く2代目スーパーアイドルになりたい!」と公言していました。これまで辰巳は芝居において舞台中心に活動してきていて、演技力はスタッフや共演者からも高く評価されていました。

 

○「貴族探偵」での辰巳の役どころとは?

 辰巳が今回「貴族探偵」で演じたのは、日本を代表する門閥・具同家の跡取りである具同弘基(ぐどう・ひろき)の従兄弟・具同佳久(ぐどう・よしひさ)でした。

貴族探偵は第10話でついに最終章を迎えます。

 

○プロデューサーから見た辰巳の魅力とは

 

 プロデューサー:「辰巳さんはふぉ~ゆ~の一員として多くの経験を踏んでいるにも関わらず、とても謙虚にドラマの現場に臨んでいる姿勢が印象的でした。最初は少し緊張していた様子でしたが、相葉さんと初共演するシーンでは、撮影前に2人で軽い会話を交わすなど、和やかなムードを見せていました。肩の力を抜いてリラックスしていた様子だったので、お芝居もとても自然で役作りが上手でした。妹思いの優しいお兄さんという役がご本人の人柄とも重なる部分があるのかと思います。そのナチュラルな魅了を今後もさらに伸ばしていってほしいです。」

 

 

 スマップが解散してしまった今、ジャニーズのトップアイドルと言えば嵐ですが、今年2月には櫻井翔の熱愛報道が出てしまったことにより、ファンも動揺してしまいます。

 

 ジャニーズ側が後追いNGを出さなかったため、マスコミも櫻井翔と小川アナとの交際の進捗を追及しています。公認カップルになった二人ですが、世間からも比較的好印象ですし、本人たちにとってはあまり支障ないことなのでしょう。

 

○ドラマ終了時期に合わせて結婚発表の可能性も高い?

 

 櫻井が10月から放送スタートする「先に生まれただけの僕」で、主演を務める事になったという情報が早くも解禁になり、ファンを揺るがせました。

 

 一部では「ドラマが終了したと同時に結婚発表があるかもしれない」と囁かれています。これまで嵐のメンバーの熱愛スクープはたくさんありましたが、少し前までは櫻井翔が結婚して家庭に入るとは想像できませんでしたよね。しかし10月からのドラマを終えてからだと早ければ12月中にゴールインするのではないかと言われています。

 

○岡田准一も同時期に結婚の可能性大?

 

 同じく年内に何らかの進展があるのではと言われているのが、岡田准一と女優の宮崎あおいです。この二人も今や公認カップルです。本人たちは早く結婚したくても、事務所がOKをなかなか出してくれないという噂もあり、本人たちはいつ結婚してもおかしくないスタンスです。20163月にはフライデーが半同棲をスクープしており、三軒茶屋付近で暮らしているという噂もあります。

 

○まとめ

 

 とにかく櫻井翔と岡田准一のどちらが先にゴールインするのか、今年は目が離せません!

立て続けに2組が結婚というのは考えにくいですが、岡田は特に交際期間が長いこと、そして櫻井翔は交際期間はまだ短いものの、着実に結婚前提の交際を進めて熱々カップルという事もあり、どちらもいつ結婚してもおかしくありません。今年はこの2大カップルに依然注目です。

【櫻井翔がNEWS ZERO降板の可能性大!?】

  • 投稿日:
  • by

 嵐の櫻井翔が、10年以上もキャスターを担当していた深夜のニュース番組「NEWS ZERO」から降板する可能性が高い事がわかりました。この番組を毎回楽しみにしていた櫻井ファンにとっては痛いニュースとなるでしょう。

 

○小川アナと半同棲?

 今年春、櫻井翔はテレビ朝日の報道ステーションでキャスターをしている小川彩佳アナとの交際が発覚しました。現在はほぼ同棲に近い状態であり、秋には小川アナが寿退社するのではないかと予想されています。

 

〇キャスターとしての櫻井翔は評判が低い?

 

 司会の評判はいいものの、櫻井のキャスターとしての評判はいま一つのところがあります。

目線が原稿に落ちっぱなしでただ読んでいるだけなど、声だけのポーズと批判される事もありました。

 

○週一しか出ない櫻井の代わりはいくらでもいる?

 

「小川アナは月曜~金曜まで報ステに出演していますが、櫻井は月曜日のみのキャスターです。互いにニュース番組に出演している事もあり、情報漏えいのリスクがある事も考慮しなければなりません。しかし櫻井は取材に行く事もなく、週に1回しか出番のないキャスターです。櫻井でなければいけない理由もないので、日本テレビとしては櫻井の事を切りたいのです。」と関係者は話しています。

 

○櫻井の後任は誰?

 

 櫻井翔がキャスターを降りれば、次の人材が必要になってきます。櫻井翔から加藤シゲアキに交代するという話も出ています。加藤と言えば青山学院出身で社会経済にも詳しく、口もうまいです。同じくNEWSの小山慶一郎と情報番組で共演する事も多いでしょう。

 

 その小山は、夕方のニュース番組「news every」で落ち着いてニュースを伝える様子が信頼を得ています。そのため、櫻井の後任として加藤シゲアキが注目されているのです。

 

櫻井は忙しい事を理由に会議に出席しません。その分はADにしわ寄せが行っているのでちょっと迷惑もかかっています。

月曜しか担当していないわけですし、櫻井の不要論が出てしまうのは当然ではないでしょうか」と言われている櫻井翔ですが、どうなるか今後も注目していきたいですね。

 嵐の中で一番落ち着いている大野。リーダーなので当然でもありますが、今や日本一有名なリーダーといっても過言ではありません。

 

○常にマイペースで落ち着いている大野、リーダーらしくないという声も?

 

 大野はプレッシャーや批判に顔色一つ変えず、アイドルなのに目立ちたがり要素はもはや皆無なキャラクターです。歌手の仕事をメインにしている傍ら、芸術活動でも才能を発揮しており、多才なキャラクターとしてもリスペクトされています。

 

 他のメンバーからいじられる事があっても常にマイペース、全く新しいタイプのリーダーで、中には「リーダーらしくない」という声もあります。 しっかりしていないという声もありますが、それをしっかり受け止める大野。

 

 また、これでリーダー?と批判する声に対してもリーダーらしくない、しっかりしていないと批判されていても仕方ないと受け止めています。

できないものはできない、勿論仕事する上で我慢している事も山ほどありますが、他人がもっとこうしたらいいのに!と指摘することを素直に受け入れる必要はないという独自の信念・持論もあります。

 

7月公開『忍びの国』の主題歌・嵐の「つなぐ」に注目!

 

 大野と言えば今年は「忍びの国」という超大作が7月に控えています。この映画に嵐の52枚目のシングル「つなぐ」が主題歌として起用される事がわかっています。こちらの楽曲は、ギターと三味線のバトルから始まるのがとても面白いです。映画のキーにもなっている「愛」を嵐が力強く歌った疾走感ある一曲に仕上がっています。

 

○無口な大野でもパフォーマンスのレベルが高い!

 

 大野は嵐の中でもダンスパフォーマンスに定評があり、高い身体能力も認められています。特報によると、エアトリックマットを使用したアクロバットシーンも初公開されています。

ちなみにクライマックスには丸3日かかりました。大野と初共演を果たした鈴木亮平との対決シーンも注目度が高いです。

 昨年の紅白から嵐・相葉雅樹ファンにとって、嬉しいニュースが次々と飛び込んできています。今年は嵐・相葉雅樹の年だといっても過言ではない程の人気ぶりです。

 

○貴族探偵が低視聴率で終わるものの...

 

 相葉雅樹は月9ドラマ30周年記念作品である「貴族探偵」の主役を4月から務めましたが、視聴率が期待していた程伸びず、大根役者としての烙印を押されてしまいます。そんな中611日に放送された「はい!テレビ朝日なんです」では、519日に開催された審議会の様子が放送されました。

 同局の相葉雅樹の冠番組でもある「相葉マナブ」が取り上げられ、相葉雅樹は絶賛されたのです!

 

○相葉マナブの評価が高い!

 

「相葉マナブ」は20134月から始まった番組で、今年5月には放送200回を迎えました。「ニッポンを元気に!」というのをコンセプトに、意外と知らない日本の素晴らしさを学べるバラエティ番組となっています。相葉の他には渡部健なども出演しています。

 工事現場から学ぶ「マナブ工事中」シリーズや、旬の食材を取り上げてレシピ付きで紹介するご当地ご飯シリーズでは、華麗な包丁さばきを見せました。相葉はラジオやスポーツ番組においても司会を担当し、高評価を受けています。

 

今後は俳優業に見切りをつけ、元スマップ・中居のようにバラエティ番組専門にシフトしていく方が適しているという声もあります。

 

○ドラマでの評価はいま一つでもバラエティ評価は高い!

 

 放送前はあれだけ期待されていた貴族探偵ですが、今一つ演技に定評がつかず、視聴率も低迷してしまって相葉ファンにとってもきっと残念だったはずです。

 

しかし確かに相葉雅樹の演技の評価は残念なものの、相葉ファンは委員がちゃんと番組を観た上で客観的な評価を下しているところにも注目してみましょう。バラエティとしての相葉は高く評価されており、今後の活躍ぶりも期待できます。

 

嵐の中で一番落ち着いている大野。リーダーなので当然でもありますが、今や日本一有名なリーダーといっても過言ではありません。

 

○常にマイペースで落ち着いている大野、リーダーらしくないという声も?

 

 大野はプレッシャーや批判に顔色一つ変えず、アイドルなのに目立ちたがり要素はもはや皆無なキャラクターです。歌手の仕事をメインにしている傍ら、芸術活動でも才能を発揮しており、多才なキャラクターとしてもリスペクトされています。他のメンバーからいじられる事があっても常にマイペース、全く新しいタイプのリーダーで、中には「リーダーらしくない」という声もあります。

 

 しっかりしていないという声もありますが、それをしっかり受け止める大野。また、これでリーダー?と批判する声に対してもリーダーらしくない、しっかりしていないと批判されていても仕方ないと受け止めています。

できないものはできない、勿論仕事する上で我慢している事も山ほどありますが、他人がもっとこうしたらいいのに!と指摘することを素直に受け入れる必要はないという独自の信念・持論もあります。

 

7月公開『忍びの国』の主題歌・嵐の「つなぐ」に注目!

 

 大野と言えば今年は「忍びの国」という超大作が7月に控えています。この映画に嵐の52枚目のシングル「つなぐ」が主題歌として起用される事がわかっています。こちらの楽曲は、ギターと三味線のバトルから始まるのがとても面白いです。映画のキーにもなっている「愛」を嵐が力強く歌った疾走感ある一曲に仕上がっています。

 

○無口な大野でもパフォーマンスのレベルが高い!

 

 大野は嵐の中でもダンスパフォーマンスに定評があり、高い身体能力も認められています。特報によると、エアトリックマットを使用したアクロバットシーンも初公開されています。ちなみにクライマックスには丸3日かかりました。大野と初共演を果たした鈴木亮平との対決シーンも注目度が高いです。

 昨年の紅白から嵐・相葉雅樹ファンにとって、嬉しいニュースが次々と飛び込んできています。今年は嵐・相葉雅樹の年だといっても過言ではない程の人気ぶりです。

 

○貴族探偵が低視聴率で終わるものの...

 相葉雅樹は月9ドラマ30周年記念作品である「貴族探偵」の主役を4月から務めましたが、視聴率が期待していた程伸びず、大根役者としての烙印を押されてしまいます。そんな中611日に放送された「はい!テレビ朝日なんです」では、519日に開催された審議会の様子が放送されました。同局の相葉雅樹の冠番組でもある「相葉マナブ」が取り上げられ、相葉雅樹は絶賛されたのです!

 

○相葉マナブの評価が高い!

 

「相葉マナブ」は20134月から始まった番組で、今年5月には放送200回を迎えました。「ニッポンを元気に!」というのをコンセプトに、意外と知らない日本の素晴らしさを学べるバラエティ番組となっています。相葉の他には渡部健なども出演しています。工事現場から学ぶ「マナブ工事中」シリーズや、旬の食材を取り上げてレシピ付きで紹介するご当地ご飯シリーズでは、華麗な包丁さばきを見せました。

 

 相葉はラジオやスポーツ番組においても司会を担当し、高評価を受けています。今後は俳優業に見切りをつけ、元スマップ・中居のようにバラエティ番組専門にシフトしていく方が適しているという声もあります。

 

○ドラマでの評価はいま一つでもバラエティ評価は高い!

 

 放送前はあれだけ期待されていた貴族探偵ですが、今一つ演技に定評がつかず、視聴率も低迷してしまって相葉ファンにとってもきっと残念だったはずです。

 

 しかし確かに相葉雅樹の演技の評価は残念なものの、相葉ファンは委員がちゃんと番組を観た上で客観的な評価を下しているところにも注目してみましょう。バラエティとしての相葉は高く評価されており、今後の活躍ぶりも期待できます。

 

性格がまるで違うので意外な組み合わせに感じますが、嵐の二宮とV6の岡田准一は、20年以上にも渡り、絆が熱く結ばれてきました。二宮と岡田准一の20年以上に渡る友情は、女性セブンでも取り上げられた事があります。

 

○互いに尊敬し合う仲

  岡田と二宮は、互いに悩みを打ち明ける仲だと言います。岡田は二宮を「天才肌」と言い、二宮は岡田を「ストイックで真面目」と言って褒めています。岡田と言えば格闘技やトレーニングが好きでアウトドア派ですが、一方の二宮はデブ症です。性格や好みは正反対のように感じる二人ですが、プライベートではまるで兄弟のように仲良しだったのです! 

 

2015年に行われたジャニーズカウントダウンコンサートでは、違うグループに所属するメンバーがコンビになって歌うという異例の企画に、ファンも大喜びでした。その時岡田&二宮コンビは実現できませんでしたが、二人のペアを望む声はとても大きかったです。それは二人の絆が20年以上にも渡ってかたく結ばれてきたからでもあるでしょう。岡田は199511月、14歳の時にデビューをします。

 

オーディション合格してジャニーズ事務所に入ってからというもの、わずか4カ月後スピードデビューを果たしたのです。といってもその頃はまだ右も左もわからず、歌もダンスも経験した事がないのに何万人もファンの前に放り出されて当惑した当時を振り返っています。

 

V6の後ろで二宮がバックダンサーをやっていた?

 岡田と言えばV6の中で最年少であり、リーダーの坂本(45歳)とは9個も離れています。同年代には森田や三宅もいましたが、岡田は一人だけレベル不足だといって怒られていまいした。そして当時V6のバックで踊っていたジュニアのメンバーの中に二宮がいたのです!「岡田にとって年齢も近く、キャリアもそれ程変わらないジュニアといる時間は、とてもリラックスできたのです。

 

 その中でも特に岡田は二宮にも悩みを打ち明ける事が多かったようですね。休みに大阪の実家に帰る時も、二宮を一緒に連れて帰った事もあったくらいです。」3歳年上の岡田もまた、二宮の相談相手になっていました。互いに不可欠な存在だったのですね!