嵐の二宮和也(35)が、TBS系連続ドラマ「ブラックペアン」をクランクアップさせました。
6月24日に最終回を迎えます。

撮影は約4カ月に渡って行われました。

二宮:「テレビの力を信じて、見てくれる人に何かを届けたい!」と、ドラマスタートの前に意気込みをみせてくれた二宮。

強い芯をもってオペ質の悪魔と呼ばれる天才医師の主人公・渡海征司郎役を見事に演じ切りました。

二宮「この作品に携わって、なお且つこのキャストの人たちと一緒にできたのは本当にやりがいがありました。

またどこかで一緒できた時には、この人たちと一緒にできてよかったなぁと思ってもらいたいです。」と、挨拶しました。

その一方で、足早にクランクアップされたことについては、「皆さんはまだ撮影が残ってるのですが、僕はもう先に卒業します!」と、茶目っけたっぷりで答えました。

二宮:「最後まで怪我のないように笑って締めてください。ありがとうございました!」
と、出演者とスタッフに向けて激励の言葉を送りました。
その他のキャストも次々と撮影を終えてきました。

研修医の世良雅志を演じた竹内涼真は、「これまでのドラマで一番厳しかったですが、一つひとつのシーンをみんなで造り上げる現場は、本当に楽しかったです。」
と、やりきった表情を見せました。

花房美和を演じたの葵わかなは、「大変でしたが、いっぱい勉強させてもらいました。」と、前向きなコメントを残しました。

渡海と対立する佐伯清剛を演じた内野聖陽は、「日曜劇場の出演は3回目ですが、いつになくスケールの大きな現場でした。
スタッフさんたちもものすごく頑張ってくれて、歯を食いしばりながら必死で努力している姿もみられました。」と、現場が過酷だったことについて言及しました。

「そんな姿が僕たちを支えてくれて、それが番組の原動力になっていると実感しています。ありがとうございました!」

と、心からの感謝で締めくくりました。

櫻井翔は、後輩からの人気も依然として高いことで知られています。

慶應義塾大学卒業のSexy Zone・菊池風磨を可愛がるなど、後輩とのコミュニケーションを積極的にとっています。
最近では櫻井を中心に、NEWS、KAT-TUN、Kis-My-Ft2メンバーが集まる「アニキ会」が催されることが、ファンの間でも話題になっています。

○櫻井翔、アニキ会の中心人物?

櫻井翔は6月16日に実施された東京ドームの「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!!you&me」を鑑賞しました。

公演後、Kis-My-Ft2の千賀健永、藤ヶ谷太輔と食事に行ったと話、翌日17日には、MC中に貴重なオフショットが公開されました。

「千賀くんがMCで昨日事務所の先輩がきてくれてその後ご飯いったんですよ。」と切り出しました。

食事会での写真が公開されると、無精ひげで白いTシャツを着た
櫻井翔の姿が映し出されていました。腕を組んで和やかな雰囲気が伝わってきます。

後ろには千賀や藤ヶ谷、NEWSの増田貴久が立っていました。

増田も無精ひげが生えていて、プライベート感があふれており、客席も盛りあがりました。

千賀&藤ヶ谷くんは、櫻井翔を筆頭に行われたアニキ会を紹介し、他にもSexy Zoneの菊池くん、KAT-TUN・上田竜也くんもいると話しました。

過去に、雑誌やテレビで本人たちも話している通り、千賀と櫻井翔は、ジャニーズ入所前から交流を持っていました。
千賀は自分の母親を通して知り合い、小学校5年生の頃には、嵐のライブに招待してもらったことがきっかけで、ジャニーズ入りを果たしたといいます。
ちなみに尊敬する先輩は、櫻井翔とのことです。

櫻井チルドレン"の2人と、増田を誘ってプライベートでたっぷり楽しんだのでしょう。
この日は欠席した上田も、櫻井翔の包容力に魅力を感じているといいます。

櫻井・有吉のTHE夜会で上田が語ったところによると、これまではジャニーズの先輩とプライベートで会う機会はなかったとのこと。
しかしある日櫻井翔と特番で共演し、変化が出てきたといいます。

自分がつらい時に、アニキがそっと優しくしてくれたと話します。
上田は、俺にこんなに優しくしてくれる人がいるんだ、と感動したようです。
収録の2週間ほど前には、初めてサシでご飯に行ったと話します。

「僕の初めては、アニキが奪ったんです!」と、嬉しそうに話しました。

面倒みのいい櫻井翔は、後輩との交流エピソードがたくさんあるのです。

「JAL先得CM 夏旅」篇に出演する嵐が、JAL国内線割引運賃『先得』新テレビCMに出演し、6月2日から放送されます。

 

メンバー5人は、沖縄を訪れて桟橋からダイブしたり、海でのアクティビティを楽しみました。

バーベキューをしてはしゃぐなど、大人の青春を楽しんでいる様子を見せてくれました。

撮影後、櫻井翔が「みんなちょっとかっこつけてたでしょ?」とつっこむと、全員がうなずいたといいます。

 

かっこよさ全開のアップシーンにも注目です。

プライベートでも仲良しの嵐の魅力もたっぷりです。

誰もいない沖縄の離島で行われた撮影では、青い空や海、真っ白なビーチに、メンバーは「最高」、「気持ちいい」とテンションが上がりまくり。

 

メンバーの個別のシーンでは、スタンドアップバドルボードに挑戦し、櫻井翔もノリノリに。波の揺れにも余裕の様子で、イエーイ!と楽しそうでした。

 

大野智は、海上の浮き輪で読書しながらのんびりと過ごします。

相葉雅紀は現場に入る時、手を振って通りすぎるボケでスタッフの爆笑を誘って和ませました。

 

松潤は小道具の中から、自分が選んだサングラスをクールに外す仕草に、モニターをみていた

 

スタッフからも、おお~!、かっこいい~!という声が上がります。

メンバーからは、スターががやるやつだ!と冷やかしの声まで。

二宮和也は少し風が強くなってくると、まっすぐ飛ばないフライングディスクに大暴投のやりとりを見せましたが、それも楽しそうと、OKになります。

桟橋からダイブするシーンでは、リハーサルから練習するものの、一人だけ飛ばない松潤に対して、メンバーから「飛ばないんかい!」と突っ込みが出ます。

 

波打ち際を5人で歩くシーンでは、青春の定番水かけシーンも、演技ではなく本当に楽しんでいるかのような様子でした。

和気あいあいとした姿が印象的です。

離島でのロケで、さらに5人の絆を深めた嵐でした。

嵐の二宮和也が自身のラジオ番組で、大野智が船舶免許を取得したことについて触れました。
嵐の冠番組でもある嵐にしやがれの企画、「大野、船を買う」で、自分の操縦する船で海に出てまぐろを釣りたいといっていた大野。

そんな夢を叶えるためにも船舶免許を取得したようです。
そんな大野は、実は代の勉強嫌いでもあります。番組でも弱気な発言を繰り返していました。
しかしながら、先月放送された嵐にしやがれでは、実技試験をクリアし、学科試験でも満点まであと20点だけという高得点をマークします。

二宮がパーソナリティを務めているラジオ番組「BAY STORM」では5月27日、リスナーから大野の資格取得についての便りが届きました。

合間に勉強している姿はありましたか?という質問に対して二宮は、結構勉強していましたよ。とコメントします。

さらに、その場にいたスタッフに対しても「してたよね?」と同意を求めますが、ハッキリとした回答は返ってきませんでした。
「みてないの?嘘でしょ?大野君が見えてないってこと?」と驚きの様子を見せました。

二宮:「大阪とかコンサート中とかもドリルみたいなのやってたよ!」

帰宅後も勉強していたかどうかについては、怪しすぎるという声がありました。
「結局そういうことなんでしょうね。大野君なんでもできちゃうから」と、大野の天才ぶりをアピールしました。

実は船舶の資格は大野の初めての資格。「大人になったねぇ」と、二宮も祝福しました。
このエピソードをきいてファンからは、「やっぱり大野君、すごくがんばっていたんですね!

「大野君をベタ褒めする二宮君が好印象!」
「いつかメンバー全員で海に出てほしいな~」と、明るいコメントが届きました。

○二宮の選曲は「ファイトソング」

このメッセージの後の選曲は
「ファイトソング」。

嵐が作詞し二宮が作曲した曲で、がんばる人にエールを送る応援ソングで、まさに今回のエピソードにもぴったり。

嵐と言えばいつもおしゃれでかっこいいイメージですが、櫻井翔は私服がダサいと言われています。
いったいどのような私服をきているのでしょうか。

○櫻井翔の私服って?

櫻井翔は迷彩服にはまっていることでも知られていて、プライベートでは迷彩柄のパンツで外に出ることが多いです。

寝る時はだぼだぼのトランクスを履き、胸に大きなLOVEというロゴの入ったツアーTシャツを着ています。
番組で櫻井翔の私服コーナーで普段の服装を確認したローラは、「やばーい!」、「ださーい!」と驚きの様子を見せました。


○自他共に認めるセンスの悪さ

櫻井翔は、自分でも私服や小物のセンスが悪いことを認めています。
嵐のメンバーも櫻井翔の私服がださいことは十分知っているようで、ファンの間でも有名です。

しまむらのファッションを着ているところもスクープされたことがあり、白のTシャツにべストといった格好が、学生さんのように見えたこともあります。

週刊誌にまで微妙なファッションと書かれてしまったこともあります。
移動中はあえて楽な服装でいることも多いようですが、もう少し気を使った方がいいのでは?と騒がれることもあります。
ファーの襟が好きなのか、やはり微妙に感じます。
今すぐ釣りやアウトドアに行けそうな格好です。
財布はボッテガなので高級感があるので、服もひょっとした高いのかもしれませんが、ダサく見えて微妙なことが多いので、勿体ないですよね。

迷彩柄パンツにベージュのカーディガン、セカンドバッグというファッションの櫻井翔に対して、ローラは「ものすごい似合ってないよ!」とハッキリといいます。
もしも恋人がこのようなスタイルでデートに着たら、「ちょっと恥ずかしい」とはっきりと回答します。

櫻井翔も、「俺もこれみてすごい恥ずかしいもん!」と答えました。
ファーが好きなのか、ダメージデニムにファーつきのコートという姿もよく撮られていました。あまり芸能人のオーラがありませんよね...。

でもそこも、櫻井翔の魅力なのかもしれません。

週刊女性PRIMEで、好きなジャニーズ、嫌いなジャニーズについてのアンケートが行われました。

 

このアンケートでは、女性だけに関わらず、メンズからも回答が寄せられました。

 

結果、好きなジャニーズのNo.1には、嵐の大野が君臨しました。

 

○好きなジャニーズの1位が大野!その理由とは?

今回のアンケート結果で、大野は堂々130票を集めて1位に輝きました。

好きな理由には何が挙げられるのでしょうか。

 

・映画「忍びの国」の中で、アクションやたち振る舞いが素敵だった

・誰にも媚びてない感じがいい

・絵や歌、ダンスなど多彩でなんでも上手にこなす

・才能があるのに控え目

・映画「忍びの国」の無門役がかっこよかった

・ダンスやアートとしての才能があるのに、バラエティでは天然で好感がある。

・趣味は釣りに没頭するなど、プライベートもしっかりしている

・ジャニーズアイドルなのに、まるで一般人のような素質もあわせもっている

・偉そうにしてなくて親しみがある

・ギャップがいい

 

大野の絵やダンスの才能や、映画での演技を評価している人が多いようですね。

バラエティでは気取らず自然体で、性格の良さが滲み出ています。

大野と言えば多彩。趣味が多くて様々なジャンルをスマートにこなします。

そんなところも、男女共に尊敬されているのかもしれませんね。

 

ちなみに2位にはカリスマ的存在の木村拓哉がランクインしています。

木村拓哉を抜いて堂々の第1位を獲得した大野は、まさに真のモテ男です。

 

○櫻井翔は5位

大野と少し差がついてしまったものの、5位には櫻井翔がランクインを果たしました。

理由としては、以下のようなことが挙げられます。

 

・なんでもできてかっこいい

・たち振る舞いがスマート

・ニュースキャスターをやっているだけあって、語彙力がある

・ラップがうまい

・政治家とトークするなど、秀才な感じがする

・オリンピック会場で選手にインタビューするなど、アイドル以外の活躍も幅広い

・五輪でのキャスターが素敵だった

・嵐を引っ張っている

・育ちが良い

 

 

今回は、嵐の中でよく「あるある」をご紹介します。
5月24日に放送されたVS嵐で、舞台「ニンゲン御破算」チームとして、阿部サダヲや岡田将生、多部未華子、荒川良々、皆川猿時、平岩紙、プラスワンとして狩野英孝や斉藤慎二が出演しました。


○松潤は最近サッカーにはまってる?

番組の最初には、櫻井翔が「松潤、最近サッカーみてるよね」と」松潤に話を振りました。
これに対して松潤は、「みてる!僕が一番好きな選手が移籍することが決まっちゃったんだ...」と、イニエスタ選手が移籍することについて残念そうに語ります。
櫻井はそんな松潤にメッセージを送ります。

櫻井:「イニエスタ、君の退団は寂しいですよね!君のこれからの人生を期待してる!」

櫻井は日韓W杯について、「相葉さんと大野さんと3人で行った」と振り返ります。

大野智が「特等席だったよね!」と言うと、相葉雅紀も中央から6列目くらいという「ちょうど雨が当たる位置だった」とコメント。

大野が会場内でレインコートが販売されていると主張したため、買わずに入ったもののびしょびしょになってしまったそう。櫻井翔がエピソードを語りました。

これに対して大野は、「帰りは中華食べたよね」と発言し、記憶力の良さでメンバーを驚かせます。

ゲストの阿部と一緒に、過去に「木更津キャッツアイ」で共演したことのある櫻井翔。
待ってる時の空気がものすごく静かと、阿部のうるさい役柄とのギャップを明かし、「スイッチの入り方がすごいです。

アドリブもたくさんあって、自分も19~20くらいだったんで、勉強させられました。」
と当時を振り返りました。


○打ち上げで行ったバーで松潤がバーテンに?

松潤はドラマの打ち上げでたまたま行ったバーで、皆川と遭遇したといいます。
松潤はそこで席を譲ったため、座る場所がなくなってしまい、カウンターの中に入っていたといいます。

「おいしいカクテル作って!」と頼んだことを明かすと松潤は、「カクテルを気にいってくれて、5回分作った」と語りました。

5月25日、嵐の二宮和也が、朝のニュース番組であえる「ビビット」にゲスト出演しました。登場したのは「月刊太一」のコーナーで、今回が初登場。

 

ジャニーズ事務所の先輩でもあるトキの国分太一とホームセンターのロケに行き、仲良しな姿を見せました。

 

プライベートではとことんインオアな二宮なので、おうちで便利に過ごせるようにと、お掃除グッズや料理アイテムを国分が紹介していきました。

 

二宮は番組の途中で子犬と戯れるシーンや、菜園マニアの国分がししとうの苗を作って二宮にプレゼントするなど、和やかなシーンも見られました。

 

○二宮と国分は17年前にも共演していた?

 

実は二宮と国分は、17年前に放送されていた「USO!?ジャパン」でも共演していました。

その時の放送では、国分が心霊スポットのロケに怯える姿が出ていて、タッキー&翼、二宮など後輩がいる中で国分が尻ごみする姿が印象的です。

 

淡々としていて何事にも冷静なイメージのある二宮ですが、国分との付き合いも長く、仲良くしているとのこと。

 

二宮はジャニーズの先輩の中でも、国分と食事に行く回数が圧倒的に多いといいます。

家に遊びに行くほど仲良しで、国分からも、「俺の事先輩だと思ってないでしょ?」と言われていました。

 

これに対して二宮も、「もはや思わなくなってきた」と素直に回答します。

2人が会う時は、二宮が都合の良い日程を提示し、それに国分がのっかって予定を組んでいるといいます。

 

今回の放送では、二宮の両親についての話題も出てきました。

二宮の両親は料理評論家・服部幸應が理事長を務めている服部栄養専門学校で、教師と助手をしていたようです。

 

普段おうちで食事することの少ない二宮が、調理器具を試すために野菜を切っていたのですが、その手つきはかなり慣れた様子でした。両親の血を引いた器用さが伺えます。

 

5月24日に放送されたVS嵐で、オープニングトークは来月の「サッカーワールドカップ」について嵐が言及しました。

最近サッカー観戦にはまっているという松潤。
最もお気に入りの選手がイニエスタ選手です。
それではメッセージを!と櫻井翔が促すと、

「イニエスタ、君の退団が寂しいです。これからの人生も応援しています!」と、無茶ぶりながら即答しました。

日韓ワールドカップの時は、大野&櫻井&相葉で雅紀の3人で仙台のトルコ戦を応援していたといいます。
途中から雨が降ってきたため、レインコートを買おうかどうかでもめたという可愛いエピソードまで。

○松潤がバーテンになってカクテルを皆川に作った?

今回のVS嵐のゲストでは、舞台「ニンゲン御破算」から、阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子、荒川良々、皆川猿時、平岩紙が参加しました。

はじめのゲームはピンボールランナー。

プライベートで松本に出くわしたという皆川が、ちょっとしたエピソードを教えてくれました。

ドラマの打ち上げでバーに行ったら、そこには松潤が。大人数での来店をみた松潤は席を譲りましたが、その席がなくなってしまったため、カウンターに入ってバーテンをやったといいます。

皆川が「せっかくだから、なんかイイカクテル作って」と頼まれると、即席でカクテルを作りました。

皆川:「バスクリンなのでてきた!」

これには皆大爆笑。

しかしこの味が気にいった皆川は、5回ほど同じカクテルを注文したといいます。

○二宮の隣の席がいつも空いてしまうのは「手品」だった?

カートを使ったゲーム「GoGoスイーパー」をやっている時、ゲストから二宮についての変わったエピソードが明かされます。

飲み会で二宮と合流した平岩が、トイレから戻ってくると自分の席が埋まっていて、二宮が「隣座りなよ!」と言ってくれたので座ったら、二宮がいきなり手品を始めたといいます。

一時期二宮はマジックにはまったことがあったそうで、飲み会の席で隣の人に手品を披露していたようです。そのせいか、隣の席がすぐ空いてしまったといいます。

○「松潤に似てると言われます」にヤンキー生徒たちが激怒?

ゲストの一人、斉藤は、松潤に少し似ていると言われることもあり、学園祭で訪れたヤンキー高校で「松本潤さんに似てるんです」と打ち明けたところ、生徒たちが立ちあがって、「似てねぇ!」と、似てる派と似てない派で喧嘩が始まってしまったといいます。

二宮が活躍している主演ドラマ「ブラックペアン」ももう5話めを迎えています。
視聴率についてはほぼ横ばいで、大きな盛り上がりは見せていません。
最終回では、15%に届けばいいですが、二宮が演じる役のキャラクター以外に見どころはあまりありません。

○マンネリ化防止にダーウィン追加?

基本的に、他のドクターが行う手術をうまくリカバリーするという展開ですが、マンネリも漂います。そして真新しさとして取りいれられたのが、手術用ロボットでもあるダーウィンです。

このダーウィンとは、実際の医療現場でも使われている、ダヴィンチという手術支援ロボットです。

渡海たちが働く病院で、重大な病を抱えている女の子たちの手術をダーウィンで行う事になり、渡海は興味なさげの顔を見せつつ、裏ではしっかりダーウィンについて勉強しています。

そして女の子に造血剤を投与し、失敗に備えています。
案の定、ダーウィンによる手術は失敗してしまいます。

渡海がババンと登場してサっと手術をこなし、一件落着となります。
最終回もなんとなくお決まりのシチュエーションが見えてきたという人もいるのでは?

なんだかんだあって、渡海が助けるという以上の展開を期待してしまうと、肩透かしを食らってしまいます。

そしてようやく楽しみ方が分かってきます。
本筋であるはずの「ブラックペアン」について、体内にペアンが残されたX線写真についての話が、まるで進んでいません。

振り返ってみると、原作のブラックペアン1988は、研修医の世良くんの心情描写に、たくさんのページが割かれています。
主人公を世良君から渡海先生に変更した時点で、1クールのドラマとしては全くエピソードが物足りなくなってしまうことも明らかでしょう。

そこで登場したのがダーウィンでした。

ダーウィンはこれまで開胸が必要だった手術でも、少し穴を開けてみるだけでも心臓の中まで到達できます。

患者さんの負担も少なく、執刀医の技量にも左右されません。
外科の未来を担うニューマシンでもあります。
しかも機械なので、人間より細かい作業が可能です。